홈 > 종합정보 > 최신뉴스

최신뉴스

健康保険証、マイナンバーカードと一本化へ

M 관리자 0 6일전
政府は2023年度からマイナンバーカードと介護保険の保険証を一本化する。健康保険証の機能も先行して組み合わせる予定で行政と医療、介護の手続きが1枚のカードで済むようになる。政府は16年からマイナンバーカードの交付を始めたが、現在の普及率は15%程度にとどまっている。生活に便利な多機能カードと定義し直し、取得者を増やす狙いだ。

介護保険の保険証は、要介護認定やケアプランの作成を申請する際に不可欠な証明書だ。65歳になると市町村などから交付され、65歳未満でも介護が必要な人なら申し込めば取得できる。

介護保険証を所有している人は65歳以上の人だけで約3500万人いる。今後も高齢化が進むため、さらに増えるのは確実だ。政府は介護保険の利用者にマイナンバーカードの取得を促すことで同カードを広げることができると考えている。

政府内では、マイナンバーカードをそのまま介護保険の保険証として使えるようにする案や、カードに搭載したICチップで個人認証をすれば保険証として利用できるようにする案がある。今後、利用者の利便性などを考えて具体的な設計をしていく予定だ。

介護に先行して政府は医療の健康保険証を21年3月からマイナンバーカードで代用できるようにする予定だ。22年度中には全国のほぼすべての医療機関で対応できるようにする。これに介護も一体化させれば「人生100年時代」の主要な社会保障サービスが1枚のカードで済むことになる。

マイナンバーカードに搭載するICチップはなりすましや改ざんができない。個人認証の安全性が高いため、将来的には行政手続きの多くをネット上で済ませることができるようになる。

利用者が増えて行政のデジタル化が進めば文書による申請や手続きが減って大幅なコスト削減につながると見込まれている。ICチップによる個人認証は民間も活用できる。証券口座の開設や電子決済などの金融サービスで利用が広がる可能性がある。

ただ、マイナンバーカードはあくまでも希望者に交付する仕組みのため、当初の想定より普及が遅れている。政府は23年3月末にほぼ全ての住民がカードを保有する目標を掲げているが、達成は難しいとみられている。医療、介護の保険証との一体化は普及のてこ入れになると期待している。

政府はこれまでもマイナンバーカードの普及策を打ってきた。

行政を支える国家公務員や地方公務員には19年度内までに取得を促している。20年9月から21年3月までは期間限定でマイナンバーカードの保有者にポイント(マイナポイント)を付与する。カード保有者がキャッシュレス決済サービスを1つ選び、2万円分を前払いすれば1ポイント=1円として使える5000ポイントがもらえる仕組みだ。約2500億円分のポイントに必要な費用は国が支払う。

22年度からは国立大の職員や学生の証明書をマイナンバーカードと一体にする方針だ。国立大学法人が作成する中期目標や計画に明記するよう要請する。23年度からは生活保護受給者が医療サービスを受ける際に必要な「医療扶助の医療券」もマイナンバーカードで代用できるようにする。

Comments 0

로그인한 회원만 댓글 등록이 가능합니다.
번호 포토 제목 글쓴이 날짜 조회
열람중 健康保険証、マイナンバーカードと一本化へ M 관리자 2020.01.12 15
4938 三菱ふそう、外国人技能実習生から初の特定技能1号が誕生 M 관리자 2019.12.05 44
4937 「世界一住みやすい都市」ウィーンが2年連続首位、大阪は4位 M 관리자 2019.09.04 196
4936 マイナンバーカード所持者対象に新たなポイント制度 M 관리자 2019.09.03 226
4935 2019年度最低賃金 M 관리자 2019.09.01 355
4934 中国から介護人材受け入れ 横浜市、3省市などと覚書 M 관리자 2019.09.01 264
4933 北朝鮮への訪問経験者、米国のビザ免除対象外に M 관리자 2019.08.07 294
4932 電子たばこは「間違いなく有害」 WHOが規制訴え M 관리자 2019.07.27 293
4931 北京に巨大新空港「大興国際空港」完工、建国70周年に合わせ9月開業へ M 관리자 2019.07.10 279
4930 北京に巨大新空港「大興国際空港」完工、建国70周年に合わせ9月開業へ M 관리자 2019.07.02 366
4929 外国人の生活費が高い都市4位ソウル…トップ10の8都市がアジア M 관리자 2019.06.27 335
4928 外国人相談窓口を集約=来年度、都内に「共生センター」-政府 M 관리자 2019.06.18 347
4927 外国人留学生の起業促進=在留資格切り替え可能に-特区諮問会議 M 관리자 2019.06.12 309
4926 総務省、携帯電話の端末代金の割引2万円上限検討 違約金1000円以下 M 관리자 2019.06.08 289
4925 米国、ビザ申請にSNSアカウント提供を義務づけ M 관리자 2019.06.04 330
4924 大卒の外国人留学生、就労拡大へ M 관리자 2019.05.28 328
4923 五輪チケット、申し込み期限迫る「余裕持って手続きを」 M 관리자 2019.05.26 355
4922 ローマ字でも姓→名で 文化庁、20年ぶり呼びかけへ M 관리자 2019.05.21 303
방문해 주셔서 감사합니다 !
공관업무시간 안내
受理及领证时间:工作日上午9:00--12:00
联系电话:03-3403-5633,03-3403-5232, 24小时自助语音咨询电话:03-5785-6868
E-mail: japan12308@163.com
※中国及日本节假日休息,但根据情况会有所调整,详情请见通知)
중국대사관 홈페이지
受付時間:9時~16時(土・日曜日,休日を除く)
就労審査部門​: 03-5796-7252
​ 永住審査部門​: 03-5796-7255
研修・短期滞在審査部門​: 03-5796-7254
E-mail: info-tokyo@immi-moj.go.jp(インフォメーションセンター )
입국관리국 홈페이지
비자접수:09:00~11:30
비자교부:14:00~16:00
영사과 전화번호 : (81-3)3455-2601~3
E-mail: consular_jp@mofa.go.kr(영사과)
※토,일 및 일본국 공휴일, 대한민국 국경일(3.1절, 광복절, 개천절, 한글날) 휴무
한국대사관 홈페이지
온라인 설문조사
당신은 어느 직종에 종사 하시나요?
결과
Previous Next