홈 > 종합정보 > 최신뉴스

최신뉴스

大学無償化で中間層に影響か=授業料減免の縮小懸念-支援法成立、来年施行

M 관리자 0 2019.05.11 08:20
大学無償化で中間層に影響か=授業料減免の縮小懸念-支援法成立、来年施行

 大学など高等教育機関の無償化を図る大学等修学支援法が10日成立し、文部科学省は2020年4月の施行に向けて準備を進める。

 低所得世帯の学生が進学しやすくなるよう経済的な負担軽減が狙いだが、現行の中間所得層に対する授業料減免が縮小するのではないかとの懸念が出ている。

 「家庭の経済事情にかかわらず、自らの意欲と努力で明るい未来をつかみ取ることができるよう努力していきたい」。柴山昌彦文科相は10日、同法の意義を強調した。

 支援法では入学金と授業料の減免に加え、返済不要の給付型奨学金を拡充して生活費を賄えるようにする。

 対象は両親、本人、中学生の4人家族を目安として年収約380万円未満世帯の学生。約270万円未満の住民税非課税世帯では減免、給付それぞれ上限額が支援され、約270万~約300万円未満は3分の2、約380万円未満は3分の1の支援となる。

 文科省によると、現在、各大学が基準を設けて授業料減免を実施し、私立大には国が半分まで補う制度もある。私大では給与所得者で年収841万円以下の世帯なら支援を受けられるという。

 国会審議では、減免措置を受けているこうした中間所得世帯の学生への影響が指摘され、文科相は「新制度では対象とならない学生も生じ得る」と答弁。高等教育無償化を求めて活動する学生グループも3月、学生の限定により、多くの困窮を放置するとして対象の大幅拡大などを求めた。文科省は今後、大学の実態調査を進める方針だ。

 同省幹部は「現在減免されている人で法律の対象にならない人は課題であり、予算編成の中で検討する」と話すが、「財務省は今までの減免措置が『やり過ぎだった』との立場だ」といい、新たな予算化には反対するだろうとの見方がある。 

Comments 0

로그인한 회원만 댓글 등록이 가능합니다.
번호 포토 제목 글쓴이 날짜 조회
4922 ローマ字でも姓→名で 文化庁、20年ぶり呼びかけへ M 관리자 2019.05.21 1
열람중 大学無償化で中間層に影響か=授業料減免の縮小懸念-支援法成立、来年施行 M 관리자 2019.05.11 11
4920 中国人の観光ビザ、オンライン申請に 訪日客増で外務省 M 관리자 2019.05.11 14
4919 中国人観光客ビザ、5月からオンライン受け付け M 관리자 2019.04.30 25
4918 日本語学校の要件厳格化=出席率などの基準見直し-入管庁 M 관리자 2019.04.27 25
4917 新在留資格 第1号は女性2人 M 관리자 2019.04.26 95
4916 「年収が高い都道府県ランキング」 1位は「東京」 最下位と184万円の差 M 관리자 2019.04.15 43
4915 成田入国、税関5秒 顔認証活用した自動ゲート 15日に導入 M 관리자 2019.04.13 35
4914 電子査証、20年春初導入へ M 관리자 2019.04.13 50
4913 大学無償化法案を可決 衆院委、低所得世帯の学生対象 M 관리자 2019.04.10 30
4912 出入国在留管理庁が発足 M 관리자 2019.04.07 40
4911 世界最良の空港はチャンギ、2位羽田 中部6位に成田9位 M 관리자 2019.03.28 51
4910 中国トイレ革命交流団の訪日 M 관리자 2019.03.24 76
4909 世界一幸福な国、2年連続でフィンランドに 日本58位 M 관리자 2019.03.21 52
4908 世界最大の航空会社、トップ20 M 관리자 2019.03.12 68
4907 「住みたい街ランキング」2019年版、横浜が2年連続首位 大宮4位・浦和8位と埼玉が伸長 M 관리자 2019.03.03 74
4906 世界で最も健康な国 トップ10 M 관리자 2019.03.03 62
4905 留学生の就職先、拡大へ 大卒・高い日本語能力が条件 M 관리자 2019.02.20 160
방문해 주셔서 감사합니다 !
공관업무시간 안내
受理及领证时间:工作日上午9:00--12:00
联系电话:03-3403-5633,03-3403-5232, 24小时自助语音咨询电话:03-5785-6868
E-mail: japan12308@163.com
※中国及日本节假日休息,但根据情况会有所调整,详情请见通知)
중국대사관 홈페이지
受付時間:9時~16時(土・日曜日,休日を除く)
就労審査部門​: 03-5796-7252
​ 永住審査部門​: 03-5796-7255
研修・短期滞在審査部門​: 03-5796-7254
E-mail: info-tokyo@immi-moj.go.jp(インフォメーションセンター )
입국관리국 홈페이지
비자접수:09:00~11:30
비자교부:14:00~16:00
영사과 전화번호 : (81-3)3455-2601~3
E-mail: consular_jp@mofa.go.kr(영사과)
※토,일 및 일본국 공휴일, 대한민국 국경일(3.1절, 광복절, 개천절, 한글날) 휴무
한국대사관 홈페이지
온라인 설문조사
당신은 어느 직종에 종사 하시나요?
결과
Previous Next