홈 > 종합정보 > 최신뉴스

최신뉴스

世界で最も健康な国 トップ10

M 관리자 0 2019.03.03 10:30
食生活が大きな要因に! 世界で最も健康な国 トップ10

2019年、世界で最も健康なのはヨーロッパの国々のようだ。

ブルームバーグの最新の「健康な国」指数ランキングによると、世界で最も健康な国トップ10のうち6カ国をヨーロッパの国が占めている。

【全写真を見る】食生活が大きな要因に! 世界で最も健康な国 トップ10

エキストラバージン・オリーブオイルやナッツを多用する「地中海食」は他に比べて、心血管疾患の発生率が低いと言われていて、国の地理がランキングに影響している可能性もありそうだ。

日本は4位、アメリカは35位だった。韓国は17位、中国は52位だ。

調査は169の国を対象に実施。平均寿命などに基づいてスコアを算出し、喫煙や肥満といったリスク要因は減点した。公衆衛生やきれいな飲料水といった環境要因も考慮に入れている。

世界で最も健康な国トップ10の結果を見ていこう。

10位 イスラエル

地中海に面したイスラエルは、前回から1つ順位を落として10位につけた。地中海食の素晴らしさに加え、世界保健機関(WHO)の2017年のデータによると、イスラエルの平均寿命は82.9歳と世界で8番目に長い。

9位 ノルウェー

9位にランクインしたノルウェーは、2015年の時点で、国民1人あたりの看護師および助産師の数がヨーロッパで最も多かった。ただし、49歳以下の薬物の過剰摂取率や自殺率は北欧諸国の中で最も高かった。

8位 シンガポール

2019年の調査で8位となったシンガポールは前回から4つ順位を落とし、アジアで最も健康な国というポジションも失った。シンガポールはアジアの中でも平均寿命が長く、医療制度も高く評価されている。

7位 オーストラリア

オーストラリアは前回から2つ順位を落として7位となった。スポーツ文化が根付いた、アウトドアの活動を楽しむには最高の場所であるオーストラリアが、トップ10入りを果たしたのは当然の結果だ。

6位 スウェーデン

前回から2つ順位を上げて6位にランクインしたスウェーデンは、医療制度にGDPの約12%を投資している。これは世界で最も高い数字だ。

5位 スイス

山に囲まれたスイスは、湖や川など自然の美であふれ、ハイカーにとって夢の場所となっている。さまざまな果物や穀物を食べ、アクティブかつスポーティーな文化を持つことが、スイスのトップ10入りを支えている。前回からは、2つ順位を落とした。

4位 日本

前回から3つ順位を上げた日本はシンガポールを抑えて、アジアで最も健康な国となった。魚や米を使う和食が、日本を世界有数の平均寿命の長い国にしている。

3位 アイスランド

アイスランドは北大西洋に浮かぶ比較的小さな島国だが、公衆衛生は素晴らしい。前回から1つ順位を落としたが、平均寿命は長く、その北欧式の福祉制度は公的医療制度のモデルとされている。

2位 イタリア

恵まれた天候と豊かな自然で知られ、世界有数の健康的な食生活を送っていると考えられるイタリアだが、今回は1位に届かなかった。
イタリアは平均寿命も長く、中でも生活の質が高いサルデーニャ島は「ブルーゾーン」と呼ばれている。

1位 スペイン

前回から5つ順位を上げたスペインが、イタリアを抑えて世界1位となった。今後はパエリアとガスパチョが健康的な食事としてトレンド入りするかもしれない。
ワシントン大学のInstitute for Health Metrics and Evaluationによると、スペインの平均寿命は2040年までに世界で最も長くなる見込みだ。欧州連合(EU)ではすでに一番長い。

Comments 0

로그인한 회원만 댓글 등록이 가능합니다.
번호 포토 제목 글쓴이 날짜 조회
4921 大学無償化で中間層に影響か=授業料減免の縮小懸念-支援法成立、来年施行 M 관리자 2019.05.11 9
4920 中国人の観光ビザ、オンライン申請に 訪日客増で外務省 M 관리자 2019.05.11 13
4919 中国人観光客ビザ、5月からオンライン受け付け M 관리자 2019.04.30 25
4918 日本語学校の要件厳格化=出席率などの基準見直し-入管庁 M 관리자 2019.04.27 25
4917 新在留資格 第1号は女性2人 M 관리자 2019.04.26 93
4916 「年収が高い都道府県ランキング」 1位は「東京」 最下位と184万円の差 M 관리자 2019.04.15 43
4915 成田入国、税関5秒 顔認証活用した自動ゲート 15日に導入 M 관리자 2019.04.13 33
4914 電子査証、20年春初導入へ M 관리자 2019.04.13 50
4913 大学無償化法案を可決 衆院委、低所得世帯の学生対象 M 관리자 2019.04.10 27
4912 出入国在留管理庁が発足 M 관리자 2019.04.07 37
4911 世界最良の空港はチャンギ、2位羽田 中部6位に成田9位 M 관리자 2019.03.28 51
4910 中国トイレ革命交流団の訪日 M 관리자 2019.03.24 76
4909 世界一幸福な国、2年連続でフィンランドに 日本58位 M 관리자 2019.03.21 51
4908 世界最大の航空会社、トップ20 M 관리자 2019.03.12 66
4907 「住みたい街ランキング」2019年版、横浜が2年連続首位 大宮4位・浦和8位と埼玉が伸長 M 관리자 2019.03.03 74
열람중 世界で最も健康な国 トップ10 M 관리자 2019.03.03 62
4905 留学生の就職先、拡大へ 大卒・高い日本語能力が条件 M 관리자 2019.02.20 160
4904 留学生、大学・院卒後に年収300万円以上で在留可能に M 관리자 2019.02.20 84
방문해 주셔서 감사합니다 !
공관업무시간 안내
受理及领证时间:工作日上午9:00--12:00
联系电话:03-3403-5633,03-3403-5232, 24小时自助语音咨询电话:03-5785-6868
E-mail: japan12308@163.com
※中国及日本节假日休息,但根据情况会有所调整,详情请见通知)
중국대사관 홈페이지
受付時間:9時~16時(土・日曜日,休日を除く)
就労審査部門​: 03-5796-7252
​ 永住審査部門​: 03-5796-7255
研修・短期滞在審査部門​: 03-5796-7254
E-mail: info-tokyo@immi-moj.go.jp(インフォメーションセンター )
입국관리국 홈페이지
비자접수:09:00~11:30
비자교부:14:00~16:00
영사과 전화번호 : (81-3)3455-2601~3
E-mail: consular_jp@mofa.go.kr(영사과)
※토,일 및 일본국 공휴일, 대한민국 국경일(3.1절, 광복절, 개천절, 한글날) 휴무
한국대사관 홈페이지
온라인 설문조사
당신은 어느 직종에 종사 하시나요?
결과
Previous Next