홈 > 종합정보 > 최신뉴스

최신뉴스

留学生の就職先、拡大へ 大卒・高い日本語能力が条件

M 관리자 0 2019.02.20 20:39
留学生の就職先、拡大へ 大卒・高い日本語能力が条件

 日本の大学や大学院を卒業した外国人留学生の就職先が広がる。法務省は外国人留学生について、卒業後に国内の会社に就職しやすくするための新制度の素案をまとめた。接客業など日本語を主体的に使う業務について、1年更新の在留資格「特定活動」を与える。更新回数に上限は無い。4年制大学か大学院を卒業・修了し、日本語能力試験で最もレベルが高い「N1」を合格した人が対象だ。

 近く募集を始めるパブリックコメントの結果を踏まえて法務省の告示を改正し、4月の導入を目指す。

 日本学生支援機構によると、4年制大学・大学院で学ぶ留学生は2018年5月時点で約13万5千人。卒業後に日本の会社に就職を希望する場合は、在留資格を「技術・人文知識・国際業務」に変更するのが一般的だ。ただ現行では、就職先の仕事の内容が大学で学んだ知識を必要としない場合は資格の変更が認められないなど基準が厳格だった。

朝日新聞社

Comments 0

로그인한 회원만 댓글 등록이 가능합니다.
번호 포토 제목 글쓴이 날짜 조회
4910 中国トイレ革命交流団の訪日 M 관리자 2019.03.24 21
4909 世界一幸福な国、2年連続でフィンランドに 日本58位 M 관리자 2019.03.21 2
4908 世界最大の航空会社、トップ20 M 관리자 2019.03.12 10
4907 「住みたい街ランキング」2019年版、横浜が2年連続首位 大宮4位・浦和8位と埼玉が伸長 M 관리자 2019.03.03 17
4906 世界で最も健康な国 トップ10 M 관리자 2019.03.03 15
열람중 留学生の就職先、拡大へ 大卒・高い日本語能力が条件 M 관리자 2019.02.20 99
4904 留学生、大学・院卒後に年収300万円以上で在留可能に M 관리자 2019.02.20 45
4903 ロシア国民のビザ免除へ 旅券の事前登録で政府検討 M 관리자 2019.02.15 23
4902 マイナンバーが保険証に=カードの普及促進-健保法改正案 M 관리자 2019.02.15 27
4901 2021年スタート!日本人も欧州旅行に必要なETIASって何? M 관리자 2019.01.28 53
4900 外国人労働者、146万人に 中国最多、東南アジアも増 M 관리자 2019.01.26 39
4899 鳥栖の留学生退学「違法」 日本語学校に賠償命令 佐賀地裁 M 관리자 2019.01.26 61
4898 日本への航空路線、急拡大=関係改善、訪日客増で―中国 M 관리자 2019.01.23 49
4897 介護試験、ベトナムとフィリピンで=外食・宿泊は国内中心―4月導入の新在留資格 M 관리자 2019.01.23 63
4896 外国人の結核検査を義務化へ 6カ国対象 長期滞在予定者、入国前に M 관리자 2019.01.21 61
4895 法人印鑑証明書の取得請求をオンラインで完結できるサービス--グラファーが提供へ M 관리자 2019.01.21 33
4894 「国内在住に限定」外国人扶養家族の健保適用 不正利用防止へ厳格化 M 관리자 2019.01.16 49
4893 韓国のTOEIC成績平均676点で世界17位、日本は? M 관리자 2019.01.16 33
방문해 주셔서 감사합니다 !
공관업무시간 안내
受理及领证时间:工作日上午9:00--12:00
联系电话:03-3403-5633,03-3403-5232, 24小时自助语音咨询电话:03-5785-6868
E-mail: japan12308@163.com
※中国及日本节假日休息,但根据情况会有所调整,详情请见通知)
중국대사관 홈페이지
受付時間:9時~16時(土・日曜日,休日を除く)
就労審査部門​: 03-5796-7252
​ 永住審査部門​: 03-5796-7255
研修・短期滞在審査部門​: 03-5796-7254
E-mail: info-tokyo@immi-moj.go.jp(インフォメーションセンター )
입국관리국 홈페이지
비자접수:09:00~11:30
비자교부:14:00~16:00
영사과 전화번호 : (81-3)3455-2601~3
E-mail: consular_jp@mofa.go.kr(영사과)
※토,일 및 일본국 공휴일, 대한민국 국경일(3.1절, 광복절, 개천절, 한글날) 휴무
한국대사관 홈페이지
온라인 설문조사
당신은 어느 직종에 종사 하시나요?
결과
Previous Next