홈 > 비자정보 > 법무성/입관 정보

법무성/입관 정보

インターンシップを希望の留学生へ

インターンシップを行う学生に対して,労働関係法令(例えば,最低賃金法など)が適用されるかどうかについてあらかじめご確認ください。
労働関係法令の適用については,インターンシップの態様により個別に判断されますが,例えば,学生がインターンシップを行う企業において直接生産活動に従事するなど,当該作業による利益・効果が直接企業に帰属し,かつ,企業と学生との間に使用従属関係が認められる場合には,当該学生は労働者に該当すると考えられます。

在留資格「留学」,「特定活動」(継続就職活動)又は「特定活動」(就職内定者)をもって在留している方

インターンシップによる報酬の有無により,下記のいずれかに該当します。

インターンシップにより報酬を受けない方(無報酬でインターンシップを行う方)

入国管理局から事前に許可を受ける必要はありません。

インターンシップにより報酬を受ける方

<インターンシップに従事する時間が,1週について28時間以内の方又は在籍する教育機関の学則で定める長期休業期間中に行うインターンシップであって,当該インターンシップに従事する時間が1日について8時間以内の方>

 
 事前に入国管理局から資格外活動許可(※)を受ける必要があります。
  ※ 1週について28時間以内で行う,いわゆるアルバイトに対する許可のことです。

(注)当該許可を受けることにより,いわゆる夏季休業,冬季休業及び春季休業等として,在籍する教育機関が学則で定める長期休業期間中は,1日について,8時間以内の資格外活動が可能です。そのため,長期休業期間中に,1週について28時間を超えるインターンシップに参加する場合であっても,下記の「1週について28時間を超える資格外活動許可」を受ける必要はありません。

 資格外活動許可申請の方法等については,こちらをご確認ください。
 

<インターンシップに従事する時間が,(長期休業期間以外で)1週について28時間を超える方>


 事前に入国管理局から資格外活動許可とは別に,「1週について28時間を超える資格外活動許可」を個別に受ける必要があります。
  (注)学業に支障がないことが前提となります。

○対象となる方
(1)在留資格「留学」をもって大学(短期大学を除く。)に在籍し,インターンシップを行う年度末で修業年度を終える方で,かつ,卒業に必要な単位をほぼ修得している方
  ※ 卒業に必要な単位のうち,9割以上の単位を取得した大学4年生が想定されます。
(2)在留資格「留学」をもって大学院に在籍し,インターンシップを行う年度末で修業年度を終える方
  ※ 修士2年生又は博士3年生が想定されます。
(3)在留資格「特定活動」をもって在留する就職活動を行っている方(短期大学を卒業した方及び専修学校の専門課程を修了した方を含む。)
(4)在留資格「特定活動」をもって在留する就職内定者の方(短期大学を卒業した方及び専修学校の専門課程を修了した方を含む。)

 上記に該当しない場合であっても,単位を取得するために必要な実習等,専攻科目と密接な関係がある場合等には,1週について28時間を超える資格外活動許可を受けることができます。

○「1週について28時間を超える資格外活動許可」の申請に必要な資料
 資格外活動許可申請に必要な書類に加えて,下記の資料を提出してください。
(1)インターンシップを行う予定の機関が作成した,申請人の待遇を証する文書
  ※ 具体的に行おうとする活動内容,活動期間,活動時間,活動場所,報酬等を記載したもの。
(2)大学生・大学院生の方は,在学する大学からの在学証明書
(3)大学生の方は,卒業に必要な単位数及びその修得状況が確認できる文書(成績証明書等)
(4)専修学校の専門課程を修了した方は,専修学校からの成績証明書

日本でのインターンシップを目的として来日する海外の大学の学生

インターンシップによる報酬の有無により,下記のいずれかに該当します。

○インターンシップに関する留意事項

(1)受入体制及び指導体制の確保について
  インターンシップは,教育課程の一部であるため,当該インターンシップを実施する日本の企業において学生を受け入れる十分な体制及び指導体制が確保されている必要があります。

(2)専攻との関係について
  インターンシップは,教育課程の一部として,単位習得等の学業の一環として実施されることが要件とされていますが,インターンシップの内容と学生の専攻との関連性についても留意する必要があります。

インターンシップにより報酬を受けない方(無報酬でインターンシップを行う方)

<90日以内のインターンシップの場合>


 在留資格「短期滞在」での入国となります。
  ※ 査証免除対象国以外の国籍の方については,来日前に査証の申請が必要です。
    査証申請についての詳細は,外務省又は査証申請を行う予定の在外公館にお問い合わせください。
 

<90日を超えるインターンシップの場合>


 在留資格「文化活動」での入国となります。
 ※ インターンシップを行う予定の本邦の企業等が,在留資格認定証明書交付申請を入国管理局に行う必要があります。提出書類については,こちらをご確認ください。

インターンシップにより報酬を受ける方

在留資格「特定活動」(告示9号)での入国となります。

○対象となる方


 外国の大学の学生
 ※ 卒業又は修了した者に対して学位の授与される教育課程に在籍している学生が対象となります。
   (いわゆる通信教育課程に在籍している学生は除かれます。)

○滞在期間

 1年を超えない期間で,かつ,通算して大学の修業年限の2分の1を超えない期間内であること

○対象となる活動

 学業等の一環として,外国の大学と本邦の企業等の間の契約に基づき,報酬を受けて実習を行う活動

○提出書類

 提出書類については,こちらをご確認ください。
 

Q&A

Q. 専修学校又は短期大学に在学中に行うインターンシップは,1週について28時間以内でなければならないのでしょうか。

A. 資格外活動の許可に当たっては,資格外活動を行うことにより,学業に支障がないことが前提となりますが,個別に内容を判断した上で,1週について28時間を超えるインターンシップを行う許可を受けることも可能です。


Q. 大学4年生ですが,どの程度の単位を修得していれば,対象者(1)に該当するのでしょうか。 

A. 卒業に必要な単位のうち,9割以上の単位を修得している必要があります。


Q. 既に1週につき28時間以内で資格外活動を行う許可を受けていますが,これに加えて,インターンシップを行うことはできますか。 

A. 可能です。なお,1週につき28時間以内で行う資格外活動の許可を受けていない方は,インターンシップに係る資格外活動許可申請の際に,併せて1週につき28時間以内で行う資格外活動の許可の申請をしていただいても構いません。


Q. 雇用契約書は必要ですか。 

A. 資格外活動許可申請に際しての提出資料として雇用契約書を必要とするものではありませんが,実際に行う活動内容について,インターンシップを行う予定の機関に証明してもらう必要があります。


Q. 具体的な資格外活動許可の申請の方法について,教えてください。 

A. 最寄りの地方入国管理局に,資格外活動許可申請書,インターンシップを行う予定の機関が作成した活動内容等を記載した資料等を提出して頂くことになりますが,詳細については,申請を行う地方入国管理局にお問い合わせください。


   札幌入国管理局   TEL 011-261-7502

   仙台入国管理局   TEL 022-256-6076

   東京入国管理局   TEL 03-5796-7111

      横浜支局  TEL 045-769-1720

   名古屋入国管理局 TEL 052-559-2150

   大阪入国管理局   TEL 06-4703-2100

      神戸支局  TEL 078-391-6377

   広島入国管理局   TEL 082-221-4411

   高松入国管理局   TEL 087-822-5852

   福岡入国管理局   TEL 092-717-5420

      那覇支局  TEL 098-832-4185

Comments 0

로그인한 회원만 댓글 등록이 가능합니다.
번호 제목 글쓴이 날짜 조회
특정기능비자 / 特定技能ビザ 19년4월부터 시행 M 관리자 2019.06.10 926
就労資格の問い合わせ事項について(Q&A) M 관리자 2018.05.22 677
「経営・管理」「企業内転勤」についての説明 M 관리자 2015.07.13 697
在留資格「経営・管理」の基準の明確化(2名以上の外国人が共同で事業を経営する場合… M 관리자 2018.12.10 730
外国人経営者の在留資格基準の明確化について M 관리자 2018.12.10 1102
132 留学生の就職支援に係る「特定活動」(本邦大学卒業者)についてのガイドライン M 관리자 2019.06.12 361
131 平成30年末現在における在留外国人数について M 관리자 2019.06.11 290
130 특정기능비자 / 特定技能ビザ 19년4월부터 시행 M 관리자 2019.06.10 926
열람중 インターンシップを希望の留学生へ M 관리자 2019.06.09 460
128 永住者の方へ M 관리자 2019.06.09 368
127 GW(ゴールデンウィーク)中に在留期間が満了する方へ M 관리자 2019.04.23 367
126 在留資格手続のオンライン化について M 관리자 2019.03.27 505
125 新たな外国人材受入れ(在留資格「特定技能」の創設等) M 관리자 2019.01.08 502
124 更新及び変更に係る不許可事例について M 관리자 2019.01.06 418
123 入管法及び法務省設置法改正について M 관리자 2018.12.19 610
122 外国人経営者の在留資格基準の明確化について M 관리자 2018.12.10 1102
121 在留資格「経営・管理」の基準の明確化(2名以上の外国人が共同で事業を経営する場合… M 관리자 2018.12.10 730
120 外国人・海外居住者の方の商業・法人登記の手続について M 관리자 2018.10.24 576
119 「在留資格取消件数」について M 관리자 2018.10.03 567
118 在留審査処理期間 M 관리자 2018.06.12 551
117 就労資格の問い合わせ事項について(Q&A) M 관리자 2018.05.22 677
116 特定活動告示 M 관리자 2018.05.02 732
115 留学生の在留資格「技術・人文知識・国際業務」への変更許可のガイドライン M 관리자 2018.05.01 478
114 Re: 許可事例,不許可事例 M 관리자 2018.05.01 511
113 大学等を卒業後就職活動のための滞在をご希望のみなさまへ M 관리자 2018.05.01 428
112 平成29年末現在における在留外国人数について(確定値) M 관리자 2018.03.30 317
111 本邦における不法残留者数について(平成30年1月1日現在) M 관리자 2018.03.30 409
110 平成29年における入管法違反事件について M 관리자 2018.03.29 350
109 就労制限の対象となる難民認定申請者について M 관리자 2018.03.01 333
108 難民認定申請を考えている技能実習生の皆様へ M 관리자 2018.03.01 313
107 難民認定申請を考えている留学生の皆様へ M 관리자 2018.03.01 329
106 新しいデザインの証印シールの使用開始について M 관리자 2018.02.26 318
105 地方公共団体が起業支援を行う場合における在留資格「経営・管理」の取扱いについて M 관리자 2018.02.02 441
104 永住許可に関するガイドライン(平成29年4月26日改定) M 관리자 2017.04.28 360
103 中国人に対するビザ発給要件の緩和 M 관리자 2017.04.25 349
방문해 주셔서 감사합니다 !
공관업무시간 안내
受理及领证时间:工作日上午9:00--12:00
联系电话:03-3403-5633,03-3403-5232, 24小时自助语音咨询电话:03-5785-6868
E-mail: japan12308@163.com
※中国及日本节假日休息,但根据情况会有所调整,详情请见通知)
중국대사관 홈페이지
受付時間:9時~16時(土・日曜日,休日を除く)
就労審査部門​: 03-5796-7252
​ 永住審査部門​: 03-5796-7255
研修・短期滞在審査部門​: 03-5796-7254
E-mail: info-tokyo@immi-moj.go.jp(インフォメーションセンター )
입국관리국 홈페이지
비자접수:09:00~11:30
비자교부:14:00~16:00
영사과 전화번호 : (81-3)3455-2601~3
E-mail: consular_jp@mofa.go.kr(영사과)
※토,일 및 일본국 공휴일, 대한민국 국경일(3.1절, 광복절, 개천절, 한글날) 휴무
한국대사관 홈페이지
온라인 설문조사
당신은 어느 직종에 종사 하시나요?
결과
Previous Next